このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

いいぐら台動物病院(千葉県匝瑳市)は、犬・猫・小鳥・うさぎ・ハムスター・その他の小動物を診療しています。レーザー治療、超音波検査、透視レント ゲン検査、内視鏡検査などの充実した設備と、確かな技術の獣医師とスタッフが、家庭的なあたたかい雰囲気でお迎えします。 お気軽にお問い合わせ下さい。

2017/7/10
  • ●獣医師勤務表を更新しました
    2017年7月 獣医師勤務表を掲載しました。
    →獣医師勤務表へ
  • スタッフ集合写真新年度になり、スタッフ写真を更新しました
    獣医師 7名、動物看護師 10名、受付事務 1名になりました。

    →病院紹介へ
  • ●スタッフ募集!
    当院では、獣医師及び動物看護師を募集中です!
    見学、実習も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい!
  • 循環器用超音波検査装置 内視鏡●循環器用超音波検査装置と
     内視鏡が新しくなりました


    →詳しくは設備紹介へ
  • 高性能16列マルチスライスCT装置●高性能16列マルチスライスCT装置を
     導入しました


    →詳しくは設備紹介へ
  • ERBE社製高周波手術装置●ドイツのERBE社製高周波手術装置を
     導入しました


    →詳しくは設備紹介へ
  • マイクロバブル ウォッシュ システム●マイクロバブル ウォッシュ システムを
     導入しました


    →詳しくは設備紹介へ
  • ●クレジットカードを導入しました
    当院ではクレジットカードを導入し、 ほぼ全社取り扱えるようになりました。

〒289-2148
千葉県匝瑳市飯倉台21-8
Tel:0479-73-5246

■診療科目

犬、猫、小鳥、うさぎ、ハムスター その他

■診療時間

午前 9:00~午後 12:00
午後 4:00~午後 7:00
※毎週火曜休診。(ただし継続と急患のみ午前10時から12時まで予約診療致します)

■各種クレジットカードが使えます

VISAmaster cardJCBUCAMEX

フィラリア予防および検査について

狂犬病予防注射フィラリア症というのは、蚊が媒介するフィラリアという寄生虫により心臓や肺が障害を受け、死に至る恐ろしい犬の病気です。
このフィラリア症を防ぐためには、毎年5月から12月までの間、月に一度フィラリア予防薬を飲ませる必要があります。
フィラリア予防薬は大変安全性の高いお薬ですが、フィラリアが既に大量に寄生してしまっている犬に飲ませると重篤な副作用が出る可能性があります。
そこで、5月からのフィラリア予防に備えて、当院では4月中にフィラリア検査をすることをお奨めしております。

 

狂犬病予防注射について

また4月は毎年度に一度注射しなくてはならない狂犬病予防注射の実施時期でもあります。これは日本国に在住する生後3ヶ月以上のすべての犬が毎年受けなければならないとされています。
お住まいのお近くで市町村が主催して、集合注射が実施されますので、その会場で注射を受けてもかまいませんし、フィラリア検査のついでにお近くの動物病院で注射を受けてもかまいません。いずれにしましても、年に一度の狂犬病予防注射を忘れずに受けましょう。

病院紹介 | 診療案内 | 施設紹介 | 設備紹介 | 診療時間・地図 | サイトマップ